シークレット・アイテナリー ガイド付き(チケット込み)

starting from 20.50 plus the service charge of 5.00* Secret Itineraries (Venice)
いま予約する
カテゴリー: ガイド付きツアー
ロケーション: ヴェネチア, イタリア
所要時間: 1 時間 15分
ツアー言語:
Secret Itineraries (Venice) Secret Itineraries (Venice) Secret Itineraries (Venice) Secret Itineraries (Venice) Secret Itineraries (Venice)

列に並ぶことなくガイド付きツアーでドゥカーレ宮殿の秘密発見してみよう!

3つの簡単なステップで列に並ぶことなくガイド付きドゥカール宮殿シークレットツアー券をお求め頂けます。

せっかくのヴァカンス、列に並ぶ時間を省いて、当社の安心且つ簡単なシステムによりオンラインで入場券を購入しましょう。ヴェネチアの名品の数々はいっそう身近に!

国を司る様々な活動は宮殿の隠れた場所で行われました。ヴェネチアの政治、市民史を面白い秘話から学ぶことのできる専門ガイド付きのツアーです。

当ツアーは1時間15分かかりますが、その中でヴェニスのシークレットな場所のクオリティ高い面白いイントロをご紹介します!

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • 公認ツアーリーダーと一緒に見て回ろう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう
  • 当時の国政の秘密の部屋を発見しよう

割引、無料チケット

割引/半額チケット:
(入場の際に有効期限内の証明書を提示下さい)

  • 6歳から14歳までの方
  • 15歳から25歳までの学生の方
  • 子供か学生グループのツアーリーダー (2名まで) 
  • 65歳以上の市民
  • 文化庁のスタッフ、および文化活動をされている方S
  • Rolling Venice Cardをお持ちの方
  • F.A.I. のメンバーの方
  • スクールパック: 9月1日から3月15日まで教育機関の証明書が提示できる、教員の付き添いがある学生のグループ 

無料チケット:

  • ヴェニス市民、住人
  • 0歳から5歳までのお子様
  • 身体の不自由な方と付き添いの方
  • ガイド協会、通訳協会の会員の方
  • 15枚以上のチケットを事前予約されると、チケット1枚が無料
  • ICOM メンバーの方
  • Ordinary MUVE パートナーの方
  • 市民サービスのボランティアの方
  • MUVE Friend Card をお持ちの方

いますぐ予約!

ツアー参加時間

英語ツアー: 毎日 9:55amと11:35am

イタリア語ツアー:毎日 9:30am と11:10am

フランス語ツアー:毎日 10:20am と12:00am

集合場所

ドゥカール宮殿の入り口に参加時間の10分前に集合

所用時間 

1時間15分

言語

英語、イタリア語、フランス語

ガイド

 専門知識のあるガイドによる案内

参加制限 

室内が大変狭く、階ごとのアクセスが険しく狭い階段のみで、このためあいにくお身体の不自由なお客様へのアクセシビリティー、バリアフリーはありませんのであしからずご了承ください。 また閉所恐怖症、高所恐怖症、呼吸器系疾患のある方や妊娠中の方にはお薦めできません6歳未満は参加不可とさせて頂きます。

いますぐ予約!
いますぐ予約!
ドゥカーレ宮殿はヴェネチアのサンマルコ広場に位置しています。

ツアー内容

ドゥカール宮殿の大きな中庭から始まり、まずは薄暗いオイルランプのみと小さな窓がある空っぽの個室からなる小牢獄、通称「井戸」へ向かいます。そこから細い階段を上って辿り着くのは行政内の重要な位置であった総督の書記官十人委員会の密文書副書記官の部屋です。書記官は様々な公的な行政を扱い、 副書記官は個人文書を扱うものでした。

続いて司法官の文書局、そこから階段にて美しい密文書大臣の部屋へ入ります。 この部屋は壁を覆い尽くす棚に公的文書また秘密文書が保管されています。 扉の上には1268年以来の司法官の紋章と名前が飾られています。

副司法官の部屋を抜けて牢獄へ直接つながる拷問の部屋へと入ります。もっともよく使われていた拷問道具は被告人を背中の後ろで腕を縛り上げ上に吊るし上げる綱道具でした。

さらに鉛製の屋根を持つことから「」と呼ばれるゾーンにたどり着きます。ここに囚人として入った経験のあるジャコモ・カサノヴァの描写にも現れる牢屋で、政治的犯罪や些少な刑の囚人、または裁判を待つ被告人などが入獄されました。

そして様々な武器、弓矢などが展示されている美しい木梁トラスの副天井のある部屋を通って「尋問官の部屋」へ。客観性を保証し、秘密厳守を誓った3人の行政官からなる1539年に確立された司法行政です。天井は1566年から67年ティントレット制作の絵画で飾られています。

最後に「3司法官の部屋」。毎月10人委員会の中から3人選ばれます。 部屋の装飾は1553年から54年制作のジャンバッティスタ・ゼロッティの八角形の天井画、ジャンバッティスタ・ポンキーノとヴェロネーゼ合作の壁側面の絵画です。ここから秘密の回廊を通って10人委員会の間へとつながっています。

いますぐ予約!
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: