フォロ・ロマーノのクリア・ユリア(元老院議事堂跡)にて古代再発見

Riscoperta dell'antico

2014年2月23日まで Roman Forum のクリア・ユリアにて古代再発見を趣旨とした展覧会を開催中、英国の考古学者エドワード・ドッドウエルと独学の画家シモーネ・ポマルディによる800点に渡る水彩画、素描、絵画を展示します。 

古代再発見—エドワード・ドッドウェルとシモーネ・ポマルディによる水彩画」と題された展覧会では19世紀初頭、ギリシャ探検に出た二人による作品を集めました。その卓越した水彩画を通してギリシャ、ローマの遺跡の雄大さを前に恍惚と感じ入った新古典時代独特の想像性をまざまざと表しています。

昨年春ロンドンの大英博物館にて開催されたこの展覧会は現在 ローマ に巡回中で、いわゆるGran Tour(文字通り大旅行)はロマン主義的旅の描写が特徴で、早くは17世紀から流行 したこの長期に渡る旅(数年かかることもあった)を実践したのはヨーロッパの若い貴族達でした。Gran Tourは勉学と教養を深めるために行われました。最終目的地はギリシャ、イタリアでした。

オンラインでチケットを購入

展示作品ーほとんどが水彩画ーは二人の画家が1805−1806年にギリシャに旅をした際に見た史跡、彫刻、遺跡のある壮大な風景を描いたもので、ロマン主義的描写が特徴です。

イタリアにて初めて展示されるため選出された38景は昨年2月にロンドンにて展示されるまでは未公開作品でした。風景画はアテネのアクロポリス、ミケーネ史跡、コルフ島の港、その他の考古遺跡跡など、当時のオスマン帝国配下時代のギリシャのあるがままの姿を考古学者エドワード・ドッドウェルとイタリア画家シモーネ・ポマルディの目を通して描いたものです。

19世紀初頭に描かれたこれらの作品は当時流行したギリシャ文明憧憬熱をさらに高め、バイロン卿が特に熱心に後押ししました。この英国の詩人は古典文明の威光回復の必要性を主張し、自由なるギリシャへの回帰を望みました。

展覧会はローマ帝国元老院議事堂であるフォロ・ロマーノのクリア・ユリアの堂々とした広間に展示されています。この部屋ではディオクレティアヌス時代のオプス・セクティル技法による大理石モザイクの床と今に残るビザンティン絵画を鑑賞できます。異なる時代同士が互いに力強く共鳴し合う、真に暗示的なセッティングと言えます。

オンラインでチケットを購入