最後の晩餐とブレラ美術館

Cenacolo Vinciano
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: ミラノ, イタリア
Crespi Daniele - I Santi Pietro e Marco 1624 Pietro Paoletti - La morte dei primogeniti d’Egitto - Milano, Pinacoteca di Brera Pinacoteca di Brera - Bacio di Hayez Pinacoteca di Brera - Cena in Emmaus (Caravaggio)

行列で待つことなく、最後の晩餐とブレラ美術館に入館できます!

簡単な3ステップでチケットを購入。最後の晩餐とブレラ美術館に行列に並ぶことなく入館いただけます。

わずかなクリックでチケットを購入して、世界的に有名なレオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画やティツィアーノ、ラファエッロ、カラバッジョなどの傑作をお楽しみ下さい。

一枚のチケットで - 2つの美術館 - 数々の傑作!

お客様の貴重な休日の時間を、行列に費やす必要はありません。安全で簡単なシステムでチケットを購入し、ミラノの最高傑作をご覧下さい。

貴重な時間を無駄には出来ません、弊社にお任せ下さい!

弊社のサイトは安全で簡単なシステムで、お客様のご予約情報や今後のご予約に役立つ情報がご覧になれます。

重要事項 : ご予約希望の時間の通りに予約が取れないこともございますが、その際には美術館は同じ日にちでご希望に近い時間で予約をお取りいたします。

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • 1枚のチケットで最後の晩餐とブレラ美術館を見て回ろう
  • レオナルド・ダヴィンチの有名な「最後の晩餐」を堪能しよう
  • ティツィアーノ、ラファエ ロ、カラヴァッジョなど多くの傑作を見よう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう 

割引チケット:

  • EU圏内の居住者の方で18歳から25歳までの方(身分証明書の提示が必要です)

無料チケット(ラインをスキップするためにプレアールを支払う必要があります):

  • EUではなく、18歳未満のEU市民(入国時に身分証明書が必要)
  • 障害者証明書と護衛護衛を伴った身体障害者
  • 最後の晩餐

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、日本語でご利用ができます。

所要時間: 約20分

ご注意: すべてのオーディオガイドには、最後の晩餐の入場チケットを組み合わせることが義務付けられています。別途サービスを購入することは可能ではありますが、その際にも博物館のチケット料金が含まれます。

開館時間

火曜日から日曜日まで;8;15から19.00まで(18.45が最終入館)
休館日: 月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

チケットの引き換え

美術館はSanta Maria delle Grazie教会があるPiazza Santa Maria delle Grazie 2です。

混雑が予想されますので、恐れ入りますが入館予約時間の20 分前までには、バウチャーを入館チケットに引き換えていただくようお願いいたします。

  • ブレラ美術館

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語での対応となります。

所要時間: 約1時間30分

ご注意: すべてのオーディオガイドには、最後の晩餐の入場チケットを組み合わせることが義務付けられています。別途サービスを購入することは可能ではありますが、その際にも博物館のチケット料金が含まれます。

開館時間

火曜日から日曜日まで, 午前8.30から午後19.15 まで (最終入館18.30).
休館日: 月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

クローク

傘や大きなバックはあらかじめクロークへ預けて頂きますようお願いします。ご利用は無料です。

チケット引き換え

美術館は Via Brera n° 28 です。入り口の後、チケットオフィスがございます。 混雑が予想されますので、恐れ入りますが入館予約時間の20分前までにバウチャーを入館チケットに引き換えていただくようお願いいたします。

コールセンター

Tel: +39 02 92800361

障害のあるお客様

美術館は車いすでのご利用が可能です。

最後の晩餐はミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラッツエ広場2番に位置しており、ブレラ美術館は同市のブレラ通り28番にあります。

歴史

  • 最後の晩餐 : ヴィンチによって描かれた壁画で、1494年から1498年の間に、ミラノのサンタマリアデッレグラツィエ修道院に隣接する旧食堂にあります。この壁画はミラノ公、ルードヴィゴイルモーロによってスフォルツァ家のお祝いとして、サンタマリアデッレグラツィエ教会に描くことを依頼されました。レオナルドは、イエスが彼の使徒の一人によって裏切られる、と書かれているヨハネ福音書の13章21節からの逸話を情熱的に描きました。作品は窓から差し込む光が印象的ですが、よく研究された遠近法の用いて作品のテーマである、差し迫った裏切りと使徒の魂の裏切りという感情を表現しました。
  • ブレラ美術館 : 1776年に女帝マリア・テレジアによってブレラ宮殿に作られました。美術館にはロンバルディア、ヴェネチア派の絵画を中心に、ティツィアーノやラファエロ、カラヴァッジョの作品がございます。 その後ナポレオンによって美術館として整備され、今日に至ります。主な作品として、ジョバンニ・ベリーニのピエタ、ラファエロの聖母の婚礼, カラバッジョのエマウスの午餐,などがございます。
Crespi Daniele - I Santi Pietro e Marco 1624 Pietro Paoletti - La morte dei primogeniti d’Egitto - Milano, Pinacoteca di Brera Pinacoteca di Brera - Bacio di Hayez Pinacoteca di Brera - Cena in Emmaus (Caravaggio)
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: