最後の晩餐+ブラマンテ聖具室+アンブロジアーナ美術館

Cenacolo Vinciano
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: ミラノ, イタリア
Leonardo Da Vinci - Ritratto di Musico (Pinacoteca Ambrosiana) Caravaggio - Canestra di frutta (Pinacoteca Ambrosiana)

長い行列で待つことなく、最後の晩餐やブラマンテ聖具やアンブロジーの絵画をご覧ください!

わずかな3ステップで、天才レオナルド·ダ·ヴィンチの世界で最も有名な壁画や、美しい聖具室、アンブロジー絵画館を1枚のチケットでご覧になれます。

サンタマリアデッレグラツィエ教会では、レオナルド·ダ·ヴィンチの最後の晩餐をご鑑賞になり、聖具室では美しいフレスコ画とブラマンテの建築の傑作を、そしてフェデリコ·ボロメオの素晴らしいコレクションのレオナルド·ダ·ヴィンチ、ボッティチェリ、ティツィアーノ、カラヴァッジョやなどの作品を1枚のチケットでご覧いただけます。

一枚のチケットで3つの美術館へご案内!

お客様の貴重な休日の時間を、行列に費やす必要はありません。安全で簡単なシステムでチケットを購入し、ミラノの最高傑作をご覧下さい。

休日の時間を無駄には出来ません、弊社にお任せ下さい!

弊社のサイトは安全で簡単なシステムで、お客様のご予約情報や今後のご予約に役立つ情報がご覧になれます。


重要事項 : ご予約希望の時間の通りに予約が取れないこともございますが、その際には美術館は同じ日にちでご希望に近い時間で予約をお取りいたします。

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • 1枚のチケットで最後の晩餐とアンブロジアーナ美術館とブラマンテ聖具室を見て回ろう
  • 有名なレオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」を堪能しよう
  • ブラマンテ聖具室の美しいフレスコ画の数々を見よう
  • ティツィアーノ、ラファエ ロ、カラヴァッジョ、その他巨匠たちの数多くの傑作を見よう
  • • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう

割引チケット:

  • EU圏内の居住者の方で18歳から25歳までの方(身分証明書の提示が必要です)

無料チケット(ラインをスキップするためにプレアールを支払う必要があります):

  • EUではなく、18歳未満のEU市民(入国時に身分証明書が必要)
  • 障害者証明書と護衛護衛を伴った身体障害者
  • 最後の晩餐

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、日本語でご利用ができます。

所要時間:約20分

警告:すべてのオーディオガイドには、最後の晩餐の入場チケットを組み合わせることが義務付けられています。別途サービスを購入することは可能ではありますが、その際にも博物館のチケット料金が含まれます。

開館時間

火曜日から日曜日まで;8;15から19.00まで(18.45が最終入館)

休館日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

チケットの引き換え

美術館はSanta Maria delle Grazie教会があるPiazza Santa Maria delle Grazie n° 2です。

混雑が予想されますので、恐れ入りますが入館予約時間の20分前までには、バウチャーを入館チケットに引き換えていただくようお願いいたします。

  • ブラマンテ聖具室

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語でご利用ができます。

所要時間:約30分

開館時間

火曜日から日曜日まで;8;15から19.00まで(18.30が最終入館)

休館日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

クローク

大きな荷物はあらかじめ、クロークへお預け下さい。無料サービス。

ブックショップ

聖具室の入り口に近くにございます。

チケット引き換え

聖具室は(サンタマリアデッレグラッツィエ教会内部のカラドッソ1にございます。チケットオフィスは入り口の横にございます。恐れいりますが、ご予約時間の20分前までにはバウチャーをチケットに引き換えて下さい。予約が取り消されれる場合がございます

  • アンブロジー美術館

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、日本語、スペイン語でご利用ができます。

所要時間:約1時間30分

開館時間

火曜日から日曜日まで;10;00から18.00まで(17.30が最終入館)

休館日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

クローク

大きな荷物はあらかじめ、クロークへお預け下さい。無料サービス。

ブックショップ

美術館内にございます。本や記念品を販売しています。

障害のあるお客様

1階と2階のみ車いすに対応できます。

チケット引き換え

美術館は Piazza Pio XI n° 2 にございます。チケットオフィスは入り口の横にございます。恐れいりますが、ご予約時間の20分前までにはバウチャーをチケットに引き換えて下さい。予約が取り消されれる場合がございます。

 

サンタマリアデッレグラツィエ教会とアンブロジー美術館の間の行き方;

- サンタマリアデッレグラツィエ教会の前の向かい、大聖堂の隣にあるVia Mazziniから16番のバスにご乗車

- 地下鉄のレッドラインで、Duomo駅下車で、サンタマリアデッレグラツィエ教会へ。

- 19番のバスが通る、Via Cantùはアンブロジー美術館の前の通りです。Piazza Virgilioの後ろの通りVia Paradossoは最後の晩餐のある建物がございます。


最後の晩餐とブラマンテ聖具室はミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラッツエ広場2番にあるサンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会内にあり、アンブロジアーナ美術館は同市のピオ11世広場2番に位置しています。

歴史

  • ブラマンテ聖具室 : ブラマンテ聖具室はサンタマリアデッレグラツィエ教会の中にあり、教会は1463年から1482年にグイニフォルテ·ソラーリにより建てられました。時のミラノ公爵ルードビーゴイルモーロが権力を握っていた時代に、家族の霊廟として教会を使用することに決めた為、ブラマンテ他、有名な建築家が美しく改装、増築しました。聖具室内部の壁は、象牙細工の棚で飾られ、長方形の天井にはフレスコ画が描かれました。
  • アンブロジアーナ美術館 :美術館はフェデリコ·ボッロメオの意志によって、アンブロジアーナ図書館の近くに1618年に設立され、数年後には若手アーティストの育成が目的の、アカデミーオブファインアーツに参加しました。美術館の中核は、枢機卿フェデリコ·ボッロメオのコレクションで、彼の個人美術館ともいえるでしょう。レオナルド・ダ・ヴィンチの作品や16世紀のベネチア派の作品を収納するだけでなく、ロンバルディア地方やフランドルの作品、レオナルド·ダ·ヴィンチ、ボッティチェリ、ブラマンティーノ、ティツィアーノ、カラヴァッジョなどの作品が収蔵されています。1943年に爆撃を受けた後、修復と改装されました。
  • 聖母の肖像 ジョヴァンニ·デ·アンブロジオ
  • 東方三博士の礼拝 ティツィアーノ
  • 聖家族 ディーノルイーニ
  • 果物籠 カラヴァッジョ
  • 音楽家の肖像 レオナルド・ダ・ウィンチ
  • 天蓋の聖母 ボッティチェリ
  • プレゼーペ バロッチ
  • 火 水 ブリューゲル
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: