考古学博物館 チケット

starting from 8.00 plus the service charge of 10.00*
いま予約する
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: フィレンツェ, イタリア

行列で待つことなしに考古学博物館へ入館出来ます!

簡単3ステップでチケットを購入、行列で待つことなく考古学博物館へ入館出来ます。

わずかなクリックで、素晴らしいエトルリアの「キマイラ」や「演説者」といったブロンズ像、エジプトのコレクション、「フランソワの壷」などの傑作をご覧になれます。

安全で簡単なシステムでチケットを購入し、フィレンツェの傑作をご覧下さい。

貴重なヴァカンスを行列で、無駄に過ごすことはありません。

フィレンツェにある別の美術館のチケットも同時に購入出来ます。貴重な時間を無駄にせず、弊社にお任せ下さい。

 

弊社のサイトは安全で簡単なシステムで、お客様のご予約情報や今後のご予約に役立つ情報がご覧になれます。

重要事項 : ご予約希望の時間の通りに予約が取れないこともございますが、その際には美術館は同じ日にちでご希望に近い時間で予約をお取りいたします。

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • キメラや雄弁者や有名な「フランソワの壷」など、エトルリアとエジプトの傑作を鑑賞しよう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう
  • 好きなだけ美術館にいて楽しもう

割引チケット:

  • EU圏内の居住者の方で18歳から25歳までの方(身分証明書の提示が必要です)

無料チケット(ラインをスキップするためにプレアールを支払う必要があります):

  • EUではなく、18歳未満のEU市民(入国時に身分証明書が必要)
  • 障害者証明書と護衛護衛を伴った身体障害者
いますぐ予約!

クロークルーム

博物館の中にクロークルームがございます。傘、多くなバックやリュックサックなどはあらかじめ、クロークへお預け下さい。

ブックショップ

館内にはブックショップが一つございます。ガイドブックやミュージアムグッズがお求めになれます。

障害のあるお客様

館内は障害のある方にもご利用いただけます。

いますぐ予約!
いますぐ予約!
考古学博物館はフィレンツェのサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場9 b番に位置しています。

美術館

イタリア国内で最も有名な考古学博物館の一つであり、非常に貴重なエトルリアコレクションや、トリノの博物館に次ぐ収集を誇るエジプトのコレクションがございます。

歴史

博物館は1888年にメディチ家やロレーヌ家の古代ギリシャ、ローマのコレクションを中心にウフィツィ美術館から現在のクロチェッタ宮(メディチ家所有)に移されたのが始まりです。数年後、エジプト遠征によって発見されたコレクションを美術館に移し、展示されました。

コレクション

エジプトのコレクションでは先史時代からコプト時代の作品;石碑、陶器、お守り、小さなブロンズ像などが展示されています。エトルリアのセクションでは、骨壷の膨大なコレクション、石棺、石やブロンズの彫刻、小型のブロンズ像、ホームツールや陶器が含まれています。

貴重な大理石やブロンズの彫刻はギリシャ·ローマのセクションに表示され、古代ギリシャの坪野コレクションは必見です。また新しく、エトルリアとローマ貴石、宝石、カメオとジュエリーなどのコレクションも追加されました。

傑作

エジプトの作品では、第18王朝テーベの墓から出土した「戦車」や第18王朝からプトレマイオス朝までの葬礼用パピルス。女性の肖像やコプト織物のコレクションなどがございます。

最も重要なエトルリアの作品は、3つの有名な大ブロンズ像があります;

  • キマイラ 紀元前4世紀
  • 雄弁者 紀元前一世紀
  • ミネルヴァ像 紀元前4世紀

葬式の彫刻:

  • 星をちりばめた青い空と花崗岩を模した壁 (紀元前460-450 )
  • テラコッタの棺 Larthia Seianthi (II secolo a.C.)
  • アマゾン大理石の絵画の石棺(紀元前4世紀)

古代ギリシャ、古代ローマ時代のコレクション:

  • ロレンツォ・イル・マニフィコが所有していた大きな馬の頭部。
  • ペーザロの小神像
  • ミラーニMilaniが購入した2体のクーロス像およびイオニア様式の女性頭部 (紀元前6世紀頃)

博物館の宝石と呼ばれている、紀元前6世紀頃に作成された「フランソワの壷」は必見のコレクションです。


いますぐ予約!
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: