銀器美術館 チケット

starting from 14.00 plus the service charge of 10.00* Silver Museum
いま予約する
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: フィレンツェ, イタリア
Silver Museum Silver Museum

長い行列で待つことなく、銀器博物館へ入館出来ます!

注意;銀器博物館のチケットにはボーボリ庭園の入園料も含まれています。

簡単な3ステップでチケットを購入。行列なしで博物館に入館します。

わずかなクリックで宝石、カメオ、銀、象牙、宝石から成るメディチ家の財宝をご覧下さい。

お客様の貴重な休日の時間を、行列に費やす必要はありません。安全で簡単なシステムでチケットを購入し、フィレンツェの最高傑作をご覧下さい。

フィレンツェのことなる美術館のチケットを、同時に予約購入出来ます。休日の貴重な時間を無駄にしないで下さい。

弊社のサイトは安全で簡単なシステムで、お客様のご予約情報や今後のご予約に役立つ情報がご覧になれます。

重要事項 : ご予約希望の時間の通りに予約が取れないこともございますが、その際には美術館は同じ日にちでご希望に近い時間で予約をお取りいたします。

 

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • メディチ家の貴重な財宝を鑑賞しよう 
  • 半貴石や水晶で装飾された花瓶、琥珀、象牙細工や宝飾品を堪能しよう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう
  • 好きなだけ美術館にいて楽しもう

割引チケット:

  • EU圏内の居住者の方で18歳から25歳までの方(身分証明書の提示が必要です)

無料チケット(ラインをスキップするためにプレアールを支払う必要があります):

  • EUではなく、18歳未満のEU市民(入国時に身分証明書が必要)
  • 障害者証明書と護衛護衛を伴った身体障害者
いますぐ予約!

オーディオガイド

イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語および日本語で利用可能。

料金: お一人様;€6.00; お二人様 € 10,00.

ブックショップ

 

入り口付近と1階にミュージアムショップがございます。ガイドブックや美術館のグッズがお求めになれます。

 

クローク

傘、大きなバッグおよびリュックはお預け下さい。

カフェ

1階にございます。

障害のあるお客様

博物館は障害のある方も入場が可能です。

 

いますぐ予約!
いますぐ予約!
銀器博物館はフィレンツェのピッティ宮殿内(ピッティ広場1番)に位置しています。

美術館

銀器博物館はかつてフィレンツェを支配したメディチ家による、宝石・財宝などのコレクションがご覧になれます。

歴史

博物館はバロック様式で建てられた、メディチ家の夏の邸宅として使われたピッティ宮殿の1階フロアーに19世紀末に設立されました。

貴重なコレクションは、メディチ・トスカーナ大公の歴代の収集品で、アンナ·マリア·ルイサ·デ·メディチが相続し、ウフィツィ美術館の宝石部門から加えられたもの、ザルツブルクの王子 からのコレクション、フィレンツェのサン·ロレンツォの財宝もここに加えられた。

コレクション

見所は、ロレンツォ豪華王が所有していた、半貴石で飾られた16個の古い壷、古代ビサンチン・ヴェネチア・ペルシャの工芸品、15世紀に作られたフィレンツェの銀細工師によって作られた銀製の額縁などがございます。

1階の部屋には半貴石、聖遺物箱、半貴石や水晶で装飾された花瓶、琥珀や象牙細工など。中2階の部屋には銀食器をはじめ、カメオや宝飾品、またガチョウの卵や貝殻・ココナッツに細工された興味深い作品も展示されています。

傑作

  • ベルナルド・ブオンタレンティによってデザインされた、金細工が施されたラピスラズリの花瓶、16世紀後半
  • 馬、真珠・金とエナメルの装飾、フランドル地方の名作、16世紀
  • 赤い碧玉、金とエナメルシルバーで装飾された壷 ヴェネチア・フィレンツェの作品、13 - 15世紀
  • “Stipo di Alemagna” 、黒檀や半貴石、ハプスブルク工房作、1628年
  • コジモIIの奉納物(奉納物)、半貴石、1617年から1624年
  • ジェイドマスク、メキシコの名作、3·7世紀
  • 貝殻の船に乗ったネプチューン、金や真珠で装飾、フィレンツェの製造、16世紀
いますぐ予約!
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: