ピエトロ・ベロッティーもう一人のカナレット、於ヴェネチア

Pietro Bellotti

18世紀ヴェネチアを象徴する美術館Ca 'Rezzonicoにて「風景画の記録」という企画にて18世紀を代表し、最も人気のあるジャンルであった風景画と関連作家達、その様々な特徴などを紹介する展覧会を開催します。

最初の企画として4月28日まで、カナレットの甥で、ベルナルド・ベロッティの弟であるピエトロ・ベロッティ展が開催されます。

長い間、ピエトロ・ベロッティはマイナーな風景画家と見なされていましたが、最近の研究で18世紀ヴェネチア美術において重要な役割を果たしたという予期せぬ再評価を受けています。実際、カナレットが始めた風景画を彼独特のスタイルでさらに個性化し、ヴェネチアの伝統的なレパートリーである風景画の領域をヨーロッパの主要都市や幻想(カプリッチョ)建築の景色まで広げました。

カ・レッツーニコの2階の豪華な部屋を展示室として、ピエトロ・ベロッティの作品45点を初めて紹介します。ヨーロッパやアメリカの個人コレクション、またイェール・センター・オブ・ブリティッシュ・アートやハーグのマウリッツハイス美術館から特別に借用した作品を通して彼の作家としての道程と幅広い絵画レパートリーを刻々と時代を追って展観します。展覧会では17点の主要なヨーロッパの街景色を展示しますが、その内の何点かは裏に作家の署名があり、1952年にこの作家の発見につながる範例となりました。

オンラインでチケットを購入

1725年 ヴェネチア に生まれ、16歳にて兄の工房に弟子入りしました。その後ジェノバ、フランスに移り、トゥールーズに住まいを構えました。フランスでベロッティはカナレット家のもの であることを印象づけるために「カナレットのピエトロ・ベロッティ」と自称しました。この地において彼は初めて親戚筋の有名なカナレットと離別して独自の 世界を広げていきました。

しかしヴェネチアから物理的に離れたフランスにおいてもピエトロはヴェネチア派の芸術視点を捨てることはありませんでした。風景の一部を切り取って描く卓越した手腕を叔父であるカナレットから受け継ぎましたが、異なったのは叔父のように実写ではなく版画から描いたことでした。ヴェネチアの最も古典的な風景作品ばかりでなく、街に見かけるより地味で庶民的な風景や田舎景色も描いています。

ヨーロッパ絵画からの影響は、オランダ、ウィーン、そして他のヨーロッパの都市を描いた後年の作品に顕著です。その反面、カプリッチョ(幻想風景)は、想像上の史跡が水上からそそり立つといったいわゆるヴェネチア風様式を追従していました。

展覧会はヴェネチアの18世紀を代表する最も重要な建物のひとつを再発見する機会も与えてくれます。この特別展以外に館内の常設であるカナレット、フランチェスコ・ガウディ、ピエトロ・ロンギ、ティントレット、テイポロなどの名作を見ることができます。

オンラインでチケットを購入