秘密の通路を訪ねるツアー

Studiolo di Francesco I
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: フィレンツェ, イタリア
所要時間: 1 時間 15分
ツアー言語:
Cappella di Eleonora di Toledo La Storia del furto nello Studiolo di Francesco I Palazzo Vecchio Veduta Camera Verde Palazzo Vecchio Cappella Eleonora Palazzo Vecchio Salone di Cosimo

行列なしに、ヴェッキオ宮殿の秘密の通路を訪れます!

簡単な3ステップでチケットを購入し、かつての宮廷の秘密の通路を訪れることができます。

数回のクリックで、アテネ公爵の階段やフランチェスコ1世の書斎、コジモ1世の宝物や500人広間を天井部屋からご覧になることができます。

お客様の貴重な休日の時間を、行列に費やす必要はありません。安全で簡単なシステムでチケットを購入し、フィレンツェの最高傑作をご覧下さい。

フィレンツェのことなる美術館のチケットを、同時に予約購入出来ます。貴重な休日の時間を無駄には出来ません!

弊社のサイトは安全で簡単なシステムで、お客様のご予約情報や今後のご予約に役立つ情報がご覧になれます。


重要事項 : ご予約希望の時間の通りに予約が取れないこともございますが、その際には美術館は同じ日にちでご希望に近い時間で予約をお取りいたします。

 

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • この魅力的なベッキオ宮殿内ツアーを楽しもう
  • フランチェスコ1世・デ・メディチの素晴らしい書斎を堪能しよう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう

割引チケット:

  • EU圏内の居住者の方で18歳から25歳までの方(身分証明書の提示が必要です)

無料チケット(ラインをスキップするためにプレアールを支払う必要があります):

  • EUではなく、18歳未満のEU市民(入国時に身分証明書が必要)
  • 障害者証明書と護衛護衛を伴った身体障害者

対象

全てのお客様

所要時間

1時間15分

グループ

専門ガイドとともに入場する、最高で12名様までのグループ。

障害があるお客様

申し訳ございませんが、車いすの対応ができません。ご了承下さい。

インフォメーション

  • 入り口はセキュリティーチェックの為にVia dei Gondiとなります。入り口で金属探知機を通り、市警のチェックを受けて頂くようお願い致します。セキュリティーコントロールは時間がかかることがございますので、ご予約時間の前に到着されますようご案内しております。
  • ご予約時間の15分前までにはご到着されますようお願いいたします。
  • ヴェッキオ宮殿のガイド付きツアーは全てご予約が必要です。ご予約がなくても入場することは可能ですが、その際には長い行列に並ぶことになります。
  • お子様の入場には大人の方の付き添いが必要です。
  • ヴェッキオ宮殿はフィレンツェの市庁舎のため、都合によりツアーが中止となる場合がございます。その際には事前にお知らせいたしますのでご了承下さい。

 

ベッキオ宮殿はフィレンツェのシニョリーア広場に位置しています。

アテネ公爵の階段

階段はブリエンヌのウォルター6世(アテネ公爵)によって依頼され、1342年から1343年の間に宮殿の壁の厚さに作られました。宮殿からVia della Ninnaに抜けられるように小さなドアが作られており、公爵がフィレンツェから追放された際には、ここから脱走したと伝えられています。階段が作られてから壁に開けられた穴は、今では道に沿って窓の一つとなっています。。

フランチェスコ1世の書斎

窓のない小さな部屋はフランチェスコ1世が、科学や錬金術を研究する場所として使用されていました。ジョルジョ·ヴァザーリ率いる芸術家のグループによって、1570年から1572年に描かれたフレスコ画は、ヴィンチェンツォ・ボルギーニによって4つの要素とイメージで構成されていて、秘密のキャビネットの中に収納されていました。

コジモ1世の宝

1545年頃に建てられた中に、貴重なアイテムや個人的な文書、薬用植物や科学的な関心のある品々を保管していました。1559年にジョルジョ·ヴァザーリや芸術家のグループによって、宗教と(4つの伝道者)と芸術とミューズの擬人化をテーマに改装されました。王子の収集の情熱を表現した、重要なひとつの例といえるでしょう。

500人広間

この印象的な広間はシモーネ·デル·ポライウォロによって1494年に建てられ、フランチェスコ·ディ·ドメニコによって「できごと=il Cronaca」だと呼ばれました。この呼び方はここで行われた評議会から取られたものです。この広間の特徴として、1563年から1565年の間にヴィンチェンツォ・ボルギーニによって格子天井が作られました。フィレンツェの42地区と公国の寓意画が、中央には神格化されたコジモ1世が描かれています。

 

Cappella di Eleonora di Toledo La Storia del furto nello Studiolo di Francesco I Palazzo Vecchio Veduta Camera Verde Palazzo Vecchio Cappella Eleonora Palazzo Vecchio Salone di Cosimo Palazzo Vecchio Veduta Cortile
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: