ガラス美術館 チケット

starting from 8.50 plus the service charge of 5.00* Glass Museum (Merano - Venice)
いま予約する
カテゴリー: 美術館チケット
ロケーション: ヴェネチア, イタリア
Glass Museum (Merano - Venice) Glass Museum (Merano - Venice) Glass Museum (Merano - Venice) Glass Museum (Merano - Venice) Glass Museum (Merano - Venice)

列に並ぶことなくガラス美術館を訪れよう!

3つの簡単なステップで列に並ぶことなくヴェネチアのガラス美術館の入館券をお求め頂けます。

数回のクリックで15世紀から20世紀にかけての貴重なガラスコレクションと1〜3世紀のローマ時代の発掘物を見せる考古学展示室を納めるこの古い貴族の館が鑑賞できます。

せっかくのヴァカンス、列に並ぶ時間を省いて、当社の安心且つ簡単なシステムによりオンラインで入場券を購入しましょう。ヴェネチアの名品の数々はいっそう身近に!

時間を省くには、当社にお任せください!

当ウェブサイトでは、購入の際の安心な支払い手続き、過去、未来の購入についての管理、手順などの必要なインフォメーションはすべて網羅されています。

重要事項: ご希望の日時が合わない場合は美術館よりご希望の日時になるべく近い範囲で他の日時表を提供致します。

このツアーのどこが印象に残りましたか?

  • ムラーノガラスの貴重な歴代コレクションを鑑賞しよう
  • ガラス作りの様々な技術を学ぼう
  • 行列を待たずにスキップして、時間を有効利用しよう
  • 好きなだけ美術館にいて楽しもう

 

割引、無料チケット

割引/半額チケット:
(入場の際に有効期限内の証明書を提示下さい)

  • 6歳から14歳までの方
  • 15歳から25歳までの学生の方
  • 子供か学生グループのツアーリーダー (2名まで) 
  • 65歳以上の市民
  • 文化庁のスタッフ、および文化活動をされている方S
  • Rolling Venice Cardをお持ちの方
  • F.A.I. のメンバーの方
  • スクールパック: 9月1日から3月15日まで教育機関の証明書が提示できる、教員の付き添いがある学生のグループ 

無料チケット:

  • ヴェニス市民、住人
  • 0歳から5歳までのお子様
  • 身体の不自由な方と付き添いの方
  • ガイド協会、通訳協会の会員の方
  • 15枚以上のチケットを事前予約されると、チケット1枚が無料
  • ICOM メンバーの方
  • Ordinary MUVE パートナーの方
  • 市民サービスのボランティアの方
  • MUVE Friend Card をお持ちの方

 

いますぐ予約!

クローク

傘や大きなバック、リュックなどを預けられるクロークルームが常設しています。

ブックショップ

ブックショップは建物の一階にあり、当美術館に関与した出版物も含めて、イタリアやそれ以外の国の国際的な出版物が購入できます。

障害のあるお客様

館内は障害のあるお客様にもアクセス可能な施設を完備しており、展示室につなっている階段や広い専用トイレも備えております。

いますぐ予約!
いますぐ予約!
ガラス美術館はヴェネチアのムラーノ島のフォンダメンタ・マルコ・ジュスティニアン8番に位置しています。

美術館

15世紀から20世紀にかけての貴重なガラス品を収集した美術館です。その他に1〜3世紀のローマ時代の発掘品の考古コレクションも見逃せません。

歴史

トルチェッロの司教館であったこの建物は1659年にマルコ・ジュステイニアーニ司教の住居となり、司教は後に建物を買い取りトルチェッロ教区に寄贈しました。この時期アントニオ・ガスパーリによる改築が行われています。1805年に教区は廃止され、ヴェネチア大司教の持ち物となった後1840年にムラーノ市に売り渡されました。1923年になってヴェネチア市美術館連名管轄となりました。今日でもムラーノのグランカナールを見下ろす中央の間の天井を飾る18世紀のフランチェスコ・ズーノョの「サン・ロレンツォ・ジュスティニアーニの勝利の寓話」を表したフレスコ画を愛でることができます。 サン・ロレンツォ・ジュスティニアーニはヴェネチア大司教の第一代で17世紀に屋敷を再興した家族の先祖でもあります。

コレクションと名品

考古展示室ではガラスが壷の型取りに使われたことを証明するザーラの古代墓地からのガラス細工の様々な技巧を示す発掘品や半透明の白ガラスの細密な皿やカップなどを鑑賞できます。

15世紀のガラス展示室ではいわゆる「クリスタル」と呼ばれるアンジェロ・バロヴィエが生みの親のガラスが展示。一方16世紀においては「アイス・グラス」と呼ばれるガラスを含めて透明や半透明のガラスが人気でした。 18世紀には「ボヘミア・クリスタル使用」という言葉も現れました。その後 19世紀に短期間の危機が訪れた後、今日のムラーノ島は多くのガラス工房による多生産を誇り、世界中にその銘柄は知れ渡っています。

いますぐ予約!
トップページに戻る
(*) The service charge is also shown on the Cart/Checkout page after clicking Add To Cart and then on How is calculated.

 こちらのインフォメーションもご覧下さい: