シエナの大地-味覚の秋

terre di siena

シエナの大地(テッレ・ディ・シエナ)では秋は特にその色彩において最も美しい季節です。葡萄の葉は錆色となり、土の茶褐色とオリーブの銀緑の色に溶け込むようです。森林の木々は緑、赤そして茶色に色づきます。

またシエナの大地では秋の味覚も同様に魅惑的です。古くより代々この土地に伝わる伝統から生まれたオリーブオイル、ワイン、トリュフ、蜂蜜、自然に生える木いちごの類など、豊かな香りと味覚はすべてが地元産です。

この魅了の季節の間、シエナの大地(テッレ・ディ・シエナ) の名のもとに自然と味覚を満載した様々なイベントプログラムが一ヶ月以上続きます 。これらのイベントが開催される秋の色調に包まれた街や集落、丘にある農園(アグリツリズモ)に滞在して優れた芸術、歴史、食文化に満ち溢れたトスカーナのいにしえより伝わる田舎文化の伝統を発見してみませんか。

このプログラムは12月1日まで続き、ワイン倉やオリーブオイル製油所の公開、土地巡り、ガイド付きツアー、会議や美術館企画、展覧会や見本市、ソメリエコース、子供達のためのワークショップなど様々な企画があります。

11月に企画される多くのイベントの中で特に注目したいのはシエナで開催される「Sette note in Sette Notti (七夜の七音)」です。サンタ・マリア・デッラ・スカラ美術館(Museum of Santa Maria della Scala)の特別開館中、11月1日より12月8日まで毎木曜日の夕方、毎回ある主題に当てたガイド付きツアーが館内で行われ、その後食事とワインが出されます。11月1日から12月8日までの週末はCrete d’Autunno (秋の土)の企画により食文化、文化、民間伝承などを中心にクレタ・セネーゼの味覚を紹介します。11月24日にはコッレ・ディ・ヴァル・デルサにおいて Chocolate Amore Mio(我が愛するチョコレート) の見本市が開催、イタリア各地よりチョコレート作りの職人達が集まります。11月30日と12月1日はセッレ・ディ・ラポラーノにておいてGirolio 絞り立てのオリーブオイルの出来を祝います。2日間に渡りこの街は土地の香りと味覚でにぎわい、できたてのオリーブオイルや他の食品を試食販売します。オリーブオイル祭りはサン・クイリコ・デオルチャでも12月7日と8日に開催され、会期中、製造元と消費者が直接対話できる機会を提供します。モンテフォッロンチーノートリータ・ディ・シエナーの12月第一週目もお忘れなく。Lo gradiresti un goccio di Vin Santo?(ヴィンサントはいかが?)というイベントではトスカーナ特産の食後酒であるヴィンサントを紹介、最良の地元酒に賞が与えられます。

さらにこのイベント開催中、アンティークな蒸気機関車がゆっくりと走りながらこの大地の自然と味覚を巡る旅を案内します。

自然と地元の伝統をこのイベントを通して体感し楽しむ最良の方法はこの地域にある 農家での滞在(アグリツーリズモ )でしょう。その多くは家族経営の有機農家で、滞在しながら田舎の生活と自然に接しながらそこで採れる果物、ワインやオリーブオイルなどが提供されます。そればかりか有機農業で栽培され、トスカーナ産の典型的な旬野菜 を出すところもあります。

農家によっては9月の葡萄の収穫や11月のオリーブの収穫に参加する企画もあります。自然と関わる昔ながらのシンプルな方法です。田舎ならではの生活を直接体験すると同時に人と人との交わり通して楽しい一時を過ごすことができます。